RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ガッツ系!

ガッツ系わんこボストンテリアあかねの日記
<< 最近のあかねさん | main | 8月7日に >>
脳腫瘍かもしれない
0
     あかねは昨日(8月6日)に急に具合が悪くなり病院に駆け込んでそのまま入院となりました。

    前回の日記を書いたあたりから一週間はとても状態が落ち着いていたんですけど、5日の朝に口から泡を吹いて癲癇の様な発作を起こしたのです。

    すぐに病院に電話をして7日に大学病院の方でCTの検査が受けられるように(無理やり)予約を入れてもらいました。
    5日のその日はその後落ち着いていて一日中寝て過ごして、あまり食欲は無いものの夕方鶏胸肉を蒸したものを半分、美味しそうに食べてくれました。

    明けて12時半すぎぐらいにワタシがトイレに起きてベッドに戻るとあかねがベッドから落ちて、床で癲癇の様な発作を起こしていました。
    すぐに抱き起こすと、シャキンと立ち上がって周りをトコトコ歩き始めたんです。
    あまりにも足取りがしっかりしていたので、おかしいとは思いつつ…
    ただ歩いていて二階の階段から落ちたらいけないなと思い、それからジャズじいを起こさないように一階で寝ることにしてあかねと目覚ましを持って移動しました。

    夜中のトコトコ徘徊は一階に移動してもずっと続いて一時間くらいハアハア言いながら、時々自分で水を飲んで、しっこしてリビングを歩き回っていました。
    息が荒かったからまた亢進症の症状が出たんだな…って思っていたんです。

    さすがに2時ぐらいをまわったところでワタシも眠くなってきたので、あかねを抱きかかえて一階のベッドに横になりました。
    でも、一旦横になるもののあかねは「歩かねばならぬ」とばかりに暗闇のリビングにもどってずっと練り歩いて、連れ戻してを繰り返していました。
    3時頃には一旦落ち着いて寝息を立てたんですが、ワタシがまたトイレに行って戻ると癲癇の様な発作を起こして、その後また徘徊という状態をだいたい一時間おきに繰り返していました。

    朝方少し落ち着いたので、ジャズじいが会社に出社したあとあかねと一緒に少しウトウトしていました。
    世の中が活動する時間(9時半ころ)になったのでワタシが起きたら、また発作。

    あさって(7日)にはCT検査が受けられるから、今日一日で収まってくれたらいいな。
    ぐらいに思っていました。
    この時、あまり重篤に思えなかったのはごっちゃんの癲癇発作とちょっと違っていたからなんです。


    午前中の洗濯とか家事に夢中になっていて気がつかなかったんだけど、一時間どころじゃなくずっと部屋の中を歩いているあかねに、やっぱりこれはおかしいんじゃないかとやっと思い始めて獣医に電話を入れてすぐに見てもらえるように予約を入れて、タクシーで病院に行きました。
    あかねはタクシーを家の前で待ってるあいだもあまり普段と変わらない感じでキョトンとこちらを向いて見たりしていたし、タクシーの中では抱っこして歩き疲れたのかウトウトしていい子にしてました。

    ところが病院に着いたらすぐに大きな痙攣発作が起きて、痙攣を止める注射を打っても止まらなくて、緊急入院になりました。

    昨夜はお医者さんからなかなか痙攣が収まらないので、相当強い薬を打たざるを得なくなり、それにより呼吸が浅くなっていることなどの説明がありました。

    今朝はなんとか強い薬が(麻酔剤)効いて峠は越えた様ですが、まだ予断を許さない状態だそうです。

    獣医師の話ではこの症状はもしかすると脳に腫瘍があるかもしれないということでした。



    ずっと甲状腺機能低下症からくる症状とばかり思っていたから。

    でも甲状腺のお薬飲んでもなんで元気にならないのかなぁーってずっと思っていた。
    ちょっとした異常を見抜けなかったな。
    悔やんでも悔やみきれない…。

    今は突然過ぎて何も考えられないです。

    数少ないこのブログを読んでくださっている方々にお知らせと思い書く事にしました。
    あかねは頑張っています。



    | あかね日記 | 11:22 | comments(0) | - | - | - |