RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ガッツ系!

ガッツ系わんこボストンテリアあかねの日記
<< 覚書 | main | 最近のあかねさん >>
甲状腺機能低下症、病状経過
0
     (」・ω・)ヤア
    image.jpeg
    さて、あかねさんのその後の様子なんですが。
    先週土曜日にまた甲状腺ホルモンの値と通常の血液検査をしてきました。
    火曜日にかかりつけの獣医さんから電話で結果報告を受けました。
    ホルモンの値は良好でした
    というかむしろ高いくらいMaxのギリのところまで上がっていました。
    (0.9〜4.4の範囲値の4.3でした)
    なので今飲んでいるお薬をこれまでの半分に減らすことになりました。
    一気に半分…(◎-◎;)!!ドキドキ

    通常の血液検査は胆嚢機能の数値を除いてはすこぶる健康体の値でした。

    実はこの結果に飼い主はちょっとびっくりしたんです。

    今回通常の血液検査をお願いしたのは、もしかすると別の病気も潜んでいるのかもしれないと思っていたからなんです。

    かれこれホルモンのお薬を飲み始めて半年以上が過ぎて、状態が横ばい状態で、ウンチしているときに後ろ足に力が入らなくてコロンと転がっってたりするし、相変わらず食欲はないし…「良くなっている」という実感がなかったからなんです。
    最近は名前を呼んでも反応しなくなってきてたし。
    ネットで色々他の病気の可能性なんか調べたりしてみたし…でも血液検査の結果が良好なので「もしかすると○○かも」と思っていたあては無かったわけですが。

    それはそれで良かったんですけど、いま出ている病状はいったいなんですかね?

    と獣医さんに訪ねたところ

    「もしかすると…」

    「脳神経系かもしれませんね」

    ぎょっ!

    そっちなんですかぁ〜〜〜〜(´;ω;`)

    ぬーーん。
    | あかね日記 | 14:53 | comments(0) | - | - | - |